今夏大きな話題になったリーガのサラリーキャップ(給与制限)ルール。

これまではあまり問題になってこなかったものだが、今夏はバルセロナがリオネル・メッシの登録に失敗したためクローズアップされることになった。

これはプロのサッカークラブが選手とコーチの報酬に費やせる額を制限するものであり、各チームの収入に応じて数字が決められる。

来年1月における各チームの給与制限額については以下の通りになるそうだ。なおカッコ内は2021年1月の段階での数字である。

  1. レアル・マドリー:7億3920万ユーロ(4億7330万ユーロ)
  2. セビージャ:2億40万ユーロ(1億8330万ユーロ)
  3. アトレティコ・マドリー:1億7160万ユーロ(2億1730万ユーロ)
  4. ビジャレアル:1億5930万ユーロ(1億4290万ユーロ)
  5. レアル・ソシエダ:1億2770万ユーロ(9520万ユーロ)
  6. アスレティック・ビルバオ:1億1180万ユーロ(1億1070万ユーロ)
  7. バルセロナ:9790万ユーロ(3億4710万ユーロ)
  8. エスパニョール:7780万ユーロ(4470万ユーロ)
  9. ベティス:7080万ユーロ(6630万ユーロ)
  10. セルタ:6550万ユーロ(6510万ユーロ)
  11. ヘタフェ:6450万ユーロ(5230万ユーロ)
  12. オサスナ:5620万ユーロ(5700万ユーロ)
  13. グラナダ:5350万ユーロ(5680万ユーロ)
  14. マジョルカ:4610万ユーロ(1860万ユーロ)
  15. カディス:4540万ユーロ(3990万ユーロ)
  16. アラベス:4280万ユーロ(3940万ユーロ)
  17. ラージョ:4180万ユーロ(1570万ユーロ)
  18. エルチェ:4150万ユーロ(3220万ユーロ)
  19. レバンテ:3210万ユーロ(3650万ユーロ)
  20. バレンシア:3090万ユーロ(9310万ユーロ)

急落しているのがバルセロナとバレンシア。ほぼ3分の1まで減少しており、かなりの対応を余儀なくされているようだ。

【写真】久保は何位?リーガで「最も価値ある20歳以下の選手」TOP10

一方で急上昇しているのはレアル・マドリーで、なんと3億ユーロほどのリミットが増加しているようだ。

セルティック旗手がブレイク!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら