レアル・マドリーがUEFAチャンピオンズリーグでまさかの敗戦を喫した。

サンティアゴ・ベルナベウにFCシェリフ・ティラスポルを迎え撃ったのだが、1-2で敗れてしまったのだ。

今季クラブ初めてCLに出場しているシェリフはモルドバのチャンピオンチームだが、選手たちの市場価値でいえば、レアルが66倍と超格上。

レアルはカリム・ベンゼマのPKで一旦は同点に追いつくも、終了間際にセバスティアン・ティルに強烈な一発を浴びて終戦となった。

カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー監督)

「心配というよりも腹立たしい。

我々はインテンシティを持ってプレーしていたし、いい感じだった。だが、ディティールで負けた。

ファイナルサードではもっとうまくやれたはずだが、説明するのは難しい。

ディティールで代償を支払うことになった。

この敗戦は我々にふさわしいものではないので、今後の教訓になる。

チャンスをあったし、ルカ・ヨヴィッチを投入して、何度かチャンスは訪れた。

最終的には全てが相手にとってうまくいき、我々にとっては悪いものになった」

試合展開的に腹立たしさを覚えたようだ。

【動画】レアルに所属する17歳中井卓大のマジカルテクニック

レアル、インテル、シャフタールが争うグループDだが、唯一の2連勝となったシェリフが首位に立つ驚きの展開になっている。

セルティック旗手がブレイク!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら