セリエAで開幕から4試合勝利なしという60年ぶりの屈辱を味わうことになったユヴェントス。

激怒したマッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合後に「クソが…彼らはユーヴェのためにプレーしたいのか?」と吐き捨てていたという。

『La Stampa』などよれば、指揮官はこの日の会見でこう述べていたそう。

マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス監督)

「(感情の)爆発について?私も人間だ。

ベンチにいる選手は投入された際には決定的でなければならない。

10人でプレーするリスクは冒せない。それは敬意と責任感の問題だ。準備が整っていなければいけない」

また、この試合ではGKヴォイツェフ・シュチェスニが失点時にMFアドリアン・ラビオに怒りを露わにする場面があった。2人は試合後にもやり合ったと報じられているが、アッレグリ監督はこう話している。

マッシミリアーノ・アッレグリ

「(シュチェスニとラビオの件はクリアになったか?チーム内がナーバスになりすぎている?)

ピリついているわけではない。議論や殴り合いになる時もあるが、痛くないこともある。

我々は全員が同じ目標に向かって努力しているが、失点時にミスをした。

シュチェスニが怒ったのは、ラビオがミスしたからだ。

カルチョはそういうディティールでできている」

シュチェスニはコーナーキックから失点した際、ラビオのポジショニングに怒りを露わにしていた。

【動画】ユーヴェ崩壊危機?シュチェスニがラビオに怒った問題失点シーン

昨季から苦境が続くユーヴェは23日に14位スペツィアと対戦する。