かつてドルトムントやバイエルンでプレーしたマリオ・ゲッツェ。

29歳になった彼は現在、堂安律らとともにPSVでプレーしている。

先日のELレアル・ソシエダ戦では1ゴール1アシストの大活躍を見せ、ELの週間MVPにも選出された。

『VI』によれば、ゲッツェはこの試合で驚異的なスタッツを記録していたという。

ゲッツェはソシエダ戦でチームトップとなる12キロの走行距離をマーク。さらに、全体の36パーセントに当たる4.3キロはハイインテンシティ(時速14キロ以上)で走破していたという。

これはPSV選手が一度も達したことがなかったクラブ史上最も高い値だったそう(選手名は不明だが、6年前のCLアトレティコ戦での33パーセントが最高)。

【動画】大減量で大復活!?別人になったゲッツェ、ELでの衝撃プレー

最近のゲッツェは走行距離でトップに立つことが多いそうで、ロジャー・シュミット監督も、常に最も多くの距離を最も高いインテンシティで走ると評価しているとか。

タフなイメージのなかったゲッツェだが、30歳を前にしてプレースタイルを変貌させたようだ。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら