今夏のマーケットでインテルからチェルシーに復帰することとなったロメル・ルカク。移籍金は9700万ポンド(およそ147.7億円)という記録的なものになり、経営難のクラブを救う収入にもなった。

【動画】チェルシー復帰から目覚ましい活躍を見せるロメル・ルカク。かつての不安定さはどこへやら

しかし、インテルのレジェンドでもあるアルゼンチン人FWディエゴ・ミリートは、彼に対して怒りを覚えているようだ。

彼は『Gazzetta dello Sport』に対して以下のようにコメントし、ルカクは約束を破っていると語ったそう。

ディエゴ・ミリート

「絶対にやるべきではないことが1つある。それは『守れない約束をすること』だ。

セリエAで72試合に出場して47ゴールを決めたルカクだ。『退団したい』という気持ちに正直になれば、誰も腹を立てることはないだろう。あれだけの貢献をした男だ。

彼のように多くのものをもたらした選手は、どこかに行くことだって自分で決めることができるんだ。

しかし、ファンは『インテルに残る』というコメントが裏切られたことに失望しているんだ」

ルカクは今夏のマーケットで当初移籍を否定しており、インテルへの残留を宣言していた。

しかしながらその後ルカクはチェルシーへの移籍に前向きになり、最終的にはプレミアリーグに戻ることを決めたという。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら