ラ・リーガ第4節、レアル・マドリーはセルタを5-2で撃破した。

本拠地サンティアゴ・ベルナベウへへの帰還となった試合では、新戦力のエドゥアルド・カマヴィンガがデビュー。18歳の新星は後半21分に投入されるとそのわずか6分後に初ゴールを決めてみせた。

ルカ・モドリッチのシュートのこぼれを押し込んだカマヴィンガは喜びを爆発させ、膝滑りでのセレブレーションも披露!

(以下動画1分3秒~)

【動画】18歳カマヴィンガ、記念すべきレアル初ゴールシーン

Optaによれば、18歳と306日でのデビュー戦初ゴールは21世紀のレアル史上2番目に若い記録だそう(18歳と259日のロドリゴが最年少)。

『AS』によれば、カルロ・アンチェロッティ監督も「彼はクオリティに溢れている。他の選手とのプレーに慣れる必要があるけれどね。彼にとって素晴らしいことになると思う」と讃えていたそう。

三笘薫とユニオンが止まらない!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら