クリスティアーノ・ロナウドをマンチェスター・ユナイテッドに放出したユヴェントス。

セリエA第3節ナポリ戦に2-1で敗れ、開幕3試合でまさかの白星なしとなってしまった(1分2敗)。

Optaによれば、ユーヴェがセリエAの開幕3試合で1勝もできないのは、この52シーズンで2度目ことだそう(2015-16シーズンも)。

ここまで5失点を喫しており、クリーンシートは一度もなし。この日もGKヴォイツェフ・シュチェスニのプレーに批判が寄せられているというが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は擁護したようだ。『Sky』によれば、こう話していたそう。

マッシミリアーノ・アッレグリ

「現状はこのような感じだ。今日のことで選手たちを責めること何もない。

現時点ではミスが影響している。

シュチェスニは素晴らしいGKだ。彼はこれからもユーヴェのGKであるし、今日は素晴らしい試合をした」

「後半、疲れと正確性を欠いたことでボールを失った。

少なくともチャンピオンズリーグでは出来る限り最高のスタートをしたい。

私は難しい時期を経験してきた、もっと悪い時もあった。

今は火曜日(CL)が重要だ。CLは簡単ではないし、日曜日にはミラン戦も控えている。

常に勝てるわけではないが、とにかく勝利を目指す」

選手を責めることはしなかったが、ミスの代償を支払っていると説明していたという。

【動画】これがシュチェスニのミス!?ユーヴェ痛恨の失点シーン

いまだ勝利なしのユーヴェはCLでスウェーデンのマルメと対戦。そして、週末にはホームでのミラン戦を戦う。