先日行われたポーランド対イングランドのワールドカップ予選、そのハーフタイム前に発生した事件が「人種差別の疑い」で調査されているようだ。

前半が終了した直後に両チームがもみ合いとなり、ハリー・マグワイアとカミル・グリクの両名にイエローカードが提示された。

このもみ合いの中、ポーランド代表DFカミル・グリクが、カイル・ウォーカーの首や顎をつまんでいる場面が撮影されている。

『The SUN』によれば、イングランドサッカー協会はこの中でカミル・グリクから人種差別的な発言があったとしてFIFAに申し立てを行っているという。

なお、ポーランドサッカー協会とグリク本人はその申し立ての内容を否定している。

カミル・グリク

「多少の混乱があった。あとでウォーカーの手を握りたかったが、彼がそれを受け入れなかった。口頭での争いはあったが、それ以上はなにも起こっていないよ」

【写真】いるだけでチームが絶対に強くなる5人の偉大なリーダー

なお今後FIFAはすべての関係者にヒアリングを行い、何らかの行動を取るかどうかを決定するとのこと。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら