この夏にオランダ代表の指揮官に戻ってきたルイス・ファンハール監督。

70歳になったが、戦術論への情熱は全く衰えていないようだ。記者会見の場でジャーナリストと激しい舌戦を繰り広げたのだ。

『ESPN』によれば、記者から守備的なサッカーをしたがっていると問われるとこう答えたそう。

ルイス・ファンハール(オランダ代表監督)

「申し訳ないが、あんたはサッカーを全く分かってない。あんたは単なる記者だ。

自分のビジョンを実行したがっているが、サッカーのビジョンがない。あるのは(自分の)新聞へのビジョンだ。

新聞に注目を集めようとしているが、5-3-2でも5-2-3でも素晴らしい攻撃的サッカーができる。

チェルシーは様々なフォーメーションで毎回のようにそれを示している。トーマス・トゥヘルには脱帽するね」

ファンハール監督とやり合いになったのは、オランダ大手紙『De Telegraaf』のヴァレンタイン・ドリーセン氏(58歳)。同氏は、ファンハール監督はチェルシーのような5-3-2のシステムで守備的なプレーをしたがっていると指摘していたとか。

【動画】記者にキレる!ファンハール監督の激おこシーン

ファンハール復帰後のオランダ代表はここまで1勝1分。実際の試合では4-3-3のシステムを用いてる。

セルティック旗手がブレイク!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら