今夏のマーケットでボローニャからアーセナルへ移籍することが決まった冨安健洋。移籍金は2000万ユーロに達し、ボーナスも300万ユーロ加えられるという。

ただ、移籍期間の最終日に決まったとあって、ボローニャにとっては痛手となる取引。今季のプランが崩れてしまう恐れもあるものだ。

しかし『Onefootball』によれば、ミハイロヴィッチ監督は「この売却は計画されていた」と語り、心の準備はできていたことを明かしているそう。

フィレンツェで行われたメナリーニ国際表彰式で「健康とスポーツ」部門のフェアプレー賞を受賞したミハイロヴィッチ氏は、インタビューに対して以下のように話したそうだ。

シニシャ・ミハイロヴィッチ

「(冨安が売られたことは痛い?)

昨日までは、ボローニャのチームに満足していたんだけどね(笑)。今は少し満足できなくなっているが、冨安の売却は正しいことだし、計画されていた。

チームが昨年よりも強くなっているかどうかは、ピッチ内での成績が語ってくれるだろう。シーズンの終了時には分かると思うね。

右サイドバックのバックアップについて?いや、私はなにも言ってはいないよ」

【写真】冨安も入れ!アーセナル「歴史上最高のDF」TOP10

チームに満足はできなくなったが、それはクラブを考えれば仕方のないこと…だったと考えているようだ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名