今季スペイン1部リーグに戻ってきたマジョルカ。今夏の移籍市場では久保建英やイ・ガンインを補強しているが、大型ストライカーも補強する可能性があるようだ。

『[Diario de Mallorca』によれば、マジョルカはシャルケのアメリカ代表FWマシュー・ホッピーの獲得を検討しているという。

190cmを超える体躯を持つホッピーはアメリカ人として初となるブンデスリーガでのハットトリックを成し遂げた新星だ。

【動画】デカいのに速ぇ!怪物ホッピーの電撃ゴールシーン

まだ20歳と若いが、シャルケは2部に降格したため、300万ユーロ(3.9億円)ほどで売却しうるのこと。

ちなみに、彼の名前のつづりはHoppe。

日本ではホッペという謎の表記もされているが、本人の発音はこの通り「ホッピー」である。