現在オランダ・エールディビジのPSVアイントホーフェンに所属している日本代表MF堂安律。

『VoetbalInternational』の報道によれば、堂安自身はこの夏のマーケットでドイツ・ブンデスリーガへの移籍を求めているとのこと。

東京オリンピックに出場して好印象を与えた堂安に対してはホッフェンハイム、マインツ05、アウクスブルクからオファーがあり、月曜日には代理人との直接の交渉が行われたそう。

しかしながら、PSVアイントホーフェンは堂安の価格を650万ユーロ(およそ8.4億円)に設定しており、ブンデスリーガのクラブもその額にショックを受けているとのこと。

【写真】川﨑修平も?ポルトガル1部で出場した日本人選手たち

ただ、現在PSVアイントホーフェンの前線にいる戦力外選手の売却や整理が進んでいないため、現実的にオファーがある堂安を現金化する可能性もある…とも伝えられている。