一時期はNEXTアンドレア・ピルロとも評されていたイタリア代表MFサンドロ・トナーリ。

ミランに所属する彼が今季初ゴールを決めた。セリエA第2節カリアリ戦で突き刺したフリーキックがこれだ。

ゴール左からギュンと曲げたキックでニアを撃ち抜く!味方にクロスを合わせることも考えられる位置だったが、見事にゴールを陥れてみせた。

これが本家と似ていると話題になっている。2002年にピルロが決めたそのフリーキックがこれだ。

確かに位置とシュートの軌道が似ている!

ただ、ジェンナーロ・ガットゥーゾが好きだというトナーリはピルロとは異なるタイプでフィジカルも強い。ミランのステーファノ・ピオーリ監督も「トナーリは全てを持っている。足、ポジショニング、クオリティ」と評価している。

【動画】狂犬ガットゥーゾ、ロナウドを削ったバトルシーン

なお、試合はミランが4-1でカリアリを下している。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら