31歳になったマリオ・バロテッリは今季からトルコ1部のアダナ・デミルスポルでプレーしている。

第3節コンヤスポル戦では後半12分で途中交代になったのだが、ベンチで不満を爆発。

脛当てを地面に叩きつけて絶叫したうえ、隣にいた味方選手の腕を殴りつけることまでしていた。

【動画】ベンチで大暴れのバロテッリ、味方へのパンチシーン

『NTV Sport』などによれば、 サメト・アイババ監督は「バロテッリは交代後に怒っていたかもしれない。どんな選手でも怒る、試合から外されたからね。彼はいつも見せてくれる。それは構わない。彼が何かを言ったのか、言わなかったのかは分からない。プロチームには懲戒規律がある。我々はそれに応じて行動する」などと述べたという。

なお、試合は1-1で終了している。

セルティック旗手がブレイク!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら