マンチェスター・シティでプレーしているフランス代表DFバンジャマン・メンディが、性的暴行事件を起こしたとして逮捕されたようだ。

『BBC』や『Guardian』によれば、メンディは4件の強姦と1件の性的暴行によって起訴されているという。

この告発は16歳以上の女性3名による訴えであり、2020年10月から今年8月にかけて行われたものだそう。

メンディは現在警察によって身柄を拘束されており、金曜日にチェスター治安判事裁判所に出廷する予定となっているとのこと。

メンディは2017年にモナコから5200万ポンドもの移籍金でマンチェスター・シティへと加入したが、度重なる怪我で多くの試合を欠場している。

【写真】プレミアで「1年だけゴールを量産したストライカー」12名

マンチェスター・シティもすでにこの逮捕については事実を認めており、メンディはすでに出場停止処分を受けているという。ただ「法的手続きの対象となるため、これ以上はコメントできない」と発表している。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら