PSGに移籍したリオネル・メッシ。フランスではGKが着用する30番を特別につけることを許された。

背番号30は彼がバルセロナで最初に背負った番号だ。ここでは、ラ・リーガで30番をつけたことがある選手を取り上げてみる。

ティアゴ・アルカンタラ(現リヴァプール)

ティアゴ・アルカンタラ

バルセロナのカンテラで育成され、ジョゼップ・グルディオラをして「全てを持っているプレーヤー」を言わしめた天才MF。

バルサで3年目に30番を背負い、翌シーズンからは11番を背負った。スペイン代表では10番、現在所属するリヴァプールでは6番をつけている。

彼の弟であるラフィーニャもバルサで30番をつけた。

ちなみに、彼の弟であるラフィーニャもバルサで30番をつけた。