今夏カリアリからベルギー1部のロイヤル・アントワープに移籍したMFラジャ・ナインゴラン。早速その奔放さを見せたようだ。

『HLN』によれば、アントワープと契約してから1週間あまりの8月22日に事件が発生したとのこと。

ナインゴランは午前4時にアントワープの道路で車を運転していたところ、スピード違反で検挙されたという。

そしてその際に行われたアルコール検査において基準値を超える数値が確認されたため、飲酒運転でも検挙されることになった。

これによってナインゴランは15日間の免許一時停止処分となり、今後法的な手続きに則って罰則を受けることになるようだ。

【動画】サンプドリア相手に決めたナインゴランのミドルシュート

今夏故郷に戻って新生活をスタートしたナインゴランは、「若者のロールモデルのように振る舞うことができなかった」として謝罪しているという。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら