レアル・マドリーからアーセナルへの完全移籍が決まったノルウェー代表マルティン・ウーデゴール。背番号は8になる。

彼は10代で契約したレアルにこんな惜別のメッセージを送った。

マルティン・ウーデゴール

「6年半前、僕はレアル・マドリーと契約して大きな夢を叶えた。

白のユニフォームを着て、ベルナベウでプレーすることができる。これ以上誇れることはない。

16歳でここに来て、世界最高の選手たちや我がアイドルから学ぶ機会を得た。

僕は多くを学び、この旅を楽しんだ。自分に起きたことや学んだ全てに感謝している。

マドリーで僕の成長を手助けしてくれた全ての人に感謝したい。監督、チームメイト、フィジオ、クラブの人達、そして、ファンたち。

ありがとう!人生やサッカーが常にそうであるように、いい時も悪い時もあった。それによって僕はすごく強くなったし、今後来るべきことにより備えられるようになった。

最近、僕が退団する理由が話題になっている。そのほとんどが真実ではないと言いたい。

メディアが真実でないことを伝えるのは残念だ。多くの人が心から事実だと思っているからね。

僕には自分なりの理由がある。僕は事実や起きたことを知っている。だから(退団が)ベストだと思っている。

ありがとう」

レアルへの感謝を綴りつつ、メディアへ苦言も呈していたようだ。

【動画】神童から天才へ ウーデゴール、スペインでの魔法フリーキック!

また、アーセナルはシェフィールド・ユナイテッドから23歳のGKアーロン・ランズデイルも獲得。彼の背番号は32番になった。