インテルとの契約を相互合意のもとで解除した元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン。三好康児も所属するベルギー1部アントワープへの加入が決定した。

地元アントワープ生まれのナインゴランだが、彼がベルギーでプレーするのは初。『Eleven Sports』のインタビューで移籍した理由について話していたそう。

ラジャ・ナインゴラン

「個人的には知っているわけではないが、アントワープの会長は野心的だ。

『君と一緒に優勝を目指したい』と言われた。ここに来るための大きな刺激になったね。

プレーするポジションはどこでもいい。守備的であろうと、より高いポジションであろうと構わない。

監督との話した際の第一印象もよかったね。彼は期待していることを明確にしたよ。

サッカーだけでなく、メンタル面でもね。今でもピッチ上で評価されているので、自分は若手のお手本にならなければいけない」

「最初からイタリアを離れることを考えていたわけではないが、全てのオファーにオープンだった。で、アントワープが強くプッシュしてきた。

俺はある程度の金額を提示するならイエスと答えると約束した。そうしたら、彼らはそうしたんだ。すぐに契約は成立したよ。

自分の移籍に注目が集まっていることに驚いたか?あぁ、そうだね。

俺はベルギーでプレーしたことは一度もないし、有名だったこともないからね」

最初はイタリアに残るつもりだったが、要求する金額を受け入れたアントワープと会長の野心に惹かれたということのようだ。

【動画】これは神!ナインゴラン、因縁ユーヴェを沈めた電撃シュート

33歳での母国復帰は成功するだろうか。

三笘薫とユニオンが止まらない!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら