UEFAと欧州スーパーリーグ構想を放棄していないバルセロナ、ユヴェントス、レアル・マドリーとは懲戒処分をめぐって法廷闘争になっていた。

そうしたなか、ユーヴェらは3クラブ共同での声明を発表。UEFAがスーパーリーグ構想クラブに対して行ってきた措置を直ちに取り消すという裁判所の判決を歓迎するなどとしている。取り消しには、3クラブへの罰則や制限の解除なども含まれる。

裁判所はUEFAの訴えを棄却するとともにスーパーリーグ側を支持。この判決に従わない場合は罰金および刑事責任を問われる可能性があるとUEFAに警告したとのこと。

この件は欧州司法裁判所で判断されることになり、声明には「欧州サッカーにおけるUEFAの独占的な立場が見直されることになる」、「我々はもはやUEFAからの脅迫の対象にならないことを喜ばしく思う」とも綴られている。

【写真】「奇妙な理由で破談になった移籍トップ12」

そのうえで、「ファン、選手、コーチ陣、クラブ、リーグ、代表の協会など全てのサッカー関係者の協力を得ながら、スーパーリーグプロジェクトを建設的かつ強力的に進めていくことが我々の目的」とも宣言している。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら