EURO2020のフィンランド戦で心臓発作を起こし、一時は心肺が停止する状況に陥ってしまったデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン。

『Sky』によれば、彼は所属しているインテルへ来週合流する予定となっており、心臓の検査を受けるという。

記事によれば、これは6月12日に起こった心臓発作の原因をより詳しく調査するためであるそうだ。

その健康診断の結果を受けて、エリクセンがイタリア・セリエAでプレーに復帰できるかどうかを検討するとのこと。

エリクセンは心臓発作を起こしたあとに病院に運ばれ、医師のすすめによって埋込式の除細動器を装着した。

オランダではダレイ・ブリントが除細動器を付けたままプレーしているが、イタリアでは規定上それが認められておらず、通常では選手としてピッチに出られない。

【写真】デンマーク代表「歴史上最高の選手たち」10名

しかし、その原因をはっきりさせることによって復帰の可能性が探れるかもしれない…と考えているようだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら