28日、東京五輪・男子サッカーのグループステージ第3節が行われ、日本はフランスに4-0で破り、2大会ぶりのベスト8進出を決めた。

無傷の2連勝ながら2点差で敗れれば敗退の可能性もある状況で迎えたフランス戦。日本は怪我から復帰した冨安健洋がさっそく先発し、トップに上田絢世、左サイドには旗手怜央が入った。

試合は、センターバックにそれほどプレッシャーをかけてこないフランスに対し、日本が安定したビルドアップでペースを握り、27分、久保建英の3試合連続ゴールで先制。

34分には上田のシュートのこぼれ球を酒井宏樹が流し込み、2点差の勝利が必要なフランスに対して大きなアドバンテージを得る。

その後、酒井が今大会2枚目のイエローカードを受け、次戦の出場停止が決まったものの、選手交代をしつつ疲労のマネジメントを進めた日本。

70分に三好康児、91分には前田大然の今大会初ゴールが飛び出し、文字通りの完勝でグループステージ3連勝を飾った。

【関連記事】日本代表vsフランス代表、記憶に焼きつく「5つの衝撃」

日本は3日後の31日、準々決勝でニュージーランドと対戦する。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら