東京オリンピックでメダル獲得を目指しているU-24日本代表。南アフリカとの初戦には1-0で勝利し、第2戦ではメキシコと激突する。

初戦でフランスを4-1で撃破したメキシコで10番を背負うのが、天才ディエゴ・ライネスだ。『El Universal』によれば、日本戦を前にこう述べていたそう。

ディエゴ・ライネス(メキシコ五輪代表MF)

「最初から言ってきた。メダルが欲しい、金を狙うと。

でも、1試合1試合を大切にしなければいけないよ。初戦には勝ったが、謙虚にならなければいけない。

日本戦がくる。僕らは同じような真剣さで臨む必要がある。

タフな試合になるだろう。最も重要なのは次の試合であり、難しい相手になる」

「自分個人のパフォーマンスには満足しているけれど、このチームを強くするのは組織のパフォーマンスだ。

今年の自分は調子がいいし、それは僕にとって大事なこと。自信になるし、気持ちもずっと楽だからね」

21歳のライネスは昨季ベティスで計25試合に出場しており、自分でも好調だと感じている模様。

【動画】フランスを1-4で粉砕!メキシコ、五輪初戦でのゴールラッシュシーン

日本戦でもこの天才レフティへの警戒が必要になりそうだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら