かつて日本人選手もプレーしたドイツの名門、ハンブルガーSVとシャルケ。現在の両チームは2部リーグに所属しており、今季の開幕戦で激突した。

『Bild』によれば、かつてハンブルクで活躍した元オランダ代表ラファエル・ファンデルファールトはこう話していたそう。

ラファエル・ファンデルファールト

「シャルケ対HSV戦が2部リーグに存在するのは、サッカー界にとって恥辱だ。

両チームはいますぐにブンデスリーガ(1部)に属さなければいけない」

「個人的にはブンデスリーガよりも2部のほうがはるかに面白いね。誰もが勝てる。

ひとつ上のレベルでは、結局はある1チームがタイトルを勝ちとる。FCバイエルンさ」

また、「(HSVが降格してからの)3年はリーグ全体がハンブルグを倒したいと思っていた。今は誰もがシャルケを倒そうとしている」とも述べており、シャルケの降格が逆にHSVのチャンスになりえると考えているようだ。

実際、開幕戦ではハンブルクがシャルケを1-3で撃破している。

【動画】伝説級の鬼ミドル!酒井高徳、ハンブルク時代の超ゴールシーン

ただ、ブレーメンやハノーファー、ニュルンベルクなども戦う今季のドイツ2部は混戦になりそうだ。

ちなみに、現役時代にはハンブルクで活躍し、シャルケで監督を務めたフェリックス・マガト氏も「ドイツ最大のクラブの2つが2部なのは苦々しいし悲しい」と嘆いているそう。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら