サウサンプトンからリヴァプールに復帰した日本代表FW南野拓実。

セインツのラルフ・ハーゼンフットル監督は彼を評価しており、再獲得を諦めていないとされている。

南野はセインツで背番号19をつけていたが、その番号は他の選手の手に渡った可能性があるようだ。

『Hampshire Live』によれば、プレシーズンに戻ってきたムサ・ジェネポが19番をつけていたという。

23歳のマリ代表FWはセインツでは12番をつけてきた。ただ、スタンダールや代表では19番を背負っており、新シーズンから愛着ある番号に変えた模様。

【動画】これはすごかった!南野、サウサンプトンで決めた魔法シュート

なお、セインツの18番はバーミンガムから戻ってきたヤン・ヴァレリがつけているようだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら