昨季フローニンゲンで現役復帰していた元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが、再び引退の意向を表明した。

2019年にバイエルン・ミュンヘンを退団したロッベンは、その後スパイクを脱ぐことを発表した。

【動画】ロッベンがバイエルン・ミュンヘンで決めたゴール、そのTOP10

しかしながら、1年の休息時間を過ごしたあと、昨季フローニンゲンで現役復帰することを発表。自身がプロデビューしたクラブでピッチに戻ると決意した。

だが、シーズンが始まってみれば再びふくらはぎの継続的な怪我に悩まされてしまい、出場は7試合のみにとどまった。ゴールはなく、2回のアシストがあったのみであった。

アリエン・ロッベン

「1年前、フローニンゲンの選手として復帰したことを発表した。大きなエネルギーと熱意を持ってこの冒険に挑んだ。

ただ私はフィジカル面の怪我に対処しなければならなくなり、非常に長い間試合に出場することができなかった。

試行錯誤を重ねた長い道のりを経て、ようやくシーズン最後の試合を行うことができたよ。過去を振り返れば、試合の出場時間が残念なものだったという正直な結論を導く必要があるね。

このようなことが起こる可能性はもちろん理解していた。しかし挑戦に取り組み、成功するためにすべてを捧げたよ。

クラブのみんな、そして身近にいるすべての人が常に私を助けてくれた。支えてくれた。

そしてもちろん、あらゆるサッカーファンからのサポートや温かい反応には影響を受けないわけがなかったよ」
冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら