リオネル・メッシを選手として登録するため、人件費を削減しなければならない状況になっているバルセロナ。

今のままではサラリーキャップ制度で設定された基準に合致しないため、グリーズマン、デンベレ、コウチーニョの3名をまず売却したいと考えているとのこと。

『Marca』によれば、まずグリーズマンを放出するためにバルセロナはアトレティコ・マドリーにアプローチしたという。

そして、その条件として「ジョアン・フェリックスとのトレード移籍」を提案したとのことだが、アトレティコ・マドリーに即座に断られてしまったそうだ。

そのため次は「サウール・ニゲスとのトレード移籍」に切り替えて提示を行っており、交渉に臨んでいるとか。

アトレティコ・マドリーは先日ウディネーゼからアルゼンチン代表MFのロドリゴ・デ・パウルを獲得しており、サウール・ニゲスは新しいチャレンジを求めているという報道もある。

【写真】次はメッシ?「フリーでバルセロナを退団したレジェンド」11名

ただサウール・ニゲスにはリヴァプールなど多くのクラブも関心を抱いており、バルセロナにとってはかなり厳しい交渉を余儀なくされそうだ。