かつてトッテナムやバルセロナでもプレーした元ブラジル代表MFパウリーニョ。中国の広州FCとの契約を解除した32歳の彼はフリーエージェントになった。

『Mundo Deportivo』によれば、0円で獲得できることもあって、多くのクラブが獲得に関心を寄せているという。

そのなかで、アトレティコ・マドリーとガラタサライがすでに公式なオファーを送ったそう。リーガ王者アトレティコはサウール・ニゲスの退団が噂されており、代役としてはうってつけかもしれない。

【動画】化物…パウリーニョ、柏レイソルを破壊した伝説フリーキック

また、ベンフィカやアル・ナスルも獲得に興味を示しているようだ。

家族はブラジル帰国を望んでいるものの、本人はヨーロッパでキャリアを続けることを望んでいるそう。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら