かつてバルセロナに所属していたブラジル代表MFパウリーニョが、復帰を熱望しているようだ。

2017年に広州恒大(当時)からバルセロナへと移籍したパウリーニョは、中国からやってきたということで不安視もされたものの、スペインで見事な活躍を見せた。

【動画】パウリーニョ、疾風のように現れて疾風のように去っていったスペインでのベストゴール&スキル

しかしながら、なんと2018年に突如広州恒大へと復帰することが決定し、中国へと戻っていった。クラブの歴史上でも屈指の「奇妙な取引」だったと言われている。

先日広州FCとの契約を解除して退団することになったパウリーニョは、『Mundo Deportivo』のインタビューで以下のようには話したという。

パウリーニョ

「バルセロナは、僕がよく知っているチームだ。あのクラブとあの街で、忘れることができない時間を過ごした。リーガとコパ・デル・レイの両方を勝ち取った。

もしもう一度チャンスがあるのであれば、僕にも家族にも素晴らしいものになるだろう。戻れるならば嬉しいよ。

自分にとって、お金はもはや問題にならない。バルセロナのようなクラブが電話をかけてくれるなら、そうなるはずがない。

以前広州を離れたときもそうだった。中国よりもお金は少なかった。キャリアよりもお金を重視したことは一度もない。また、今回は移籍金も必要ないよ」
冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら