ブンデスリーガ9連覇を成し遂げたバイエルン・ミュンヘン。

大エースに君臨してきたロベルト・レヴァンドフスキは、329試合で294ゴールというすさまじい得点力を見せてつけてきた。

ただ、彼の契約は2023年までとなっており、退団の可能性も指摘されている。

『Sport Bild』によれば、レヴァンドフスキが退団した場合、バイエルンはドルトムントFWアーリン・ホーランの獲得を検討しうるとか。

ドルトムントで59試合57ゴールを叩き出しているホーランの契約は2024年まであるが、多くの列強クラブが狙っている。

【動画】香川真司、レヴァンドフスキに見せつけた鬼ボレー

レヴァンドフスキと同じようにバイエルンが宿敵のエースを引き抜くということはあるのだろうか。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら