セリエA2位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を手にしたミラン。だが、契約満了による選手流出が続きそうだ。

契約が今月末で切れるトルコ代表MFハカン・チャルハノールはインテルへの移籍が決まった模様。

『TRT SPORT』によれば、本人が「インテルと合意した。ミラノへ向かい、明日契約にサインする」と認めたとのこと。

チャルハノールはインテルと3年契約(+1年の延長オプション)を結ぶとみられている。

本田圭佑の後にミランで10番を背負った彼は172試合で32ゴール48アシストをマーク。来季からはライバルクラブでプレーするようだ。

【動画】ナインゴランを削る!チャルハノール、ミランで唯一の退場シーン

ミランは守護神ジャンルイージ・ドンナルンマも契約満了で退団する見込みとなっている。