EURO2020を戦うドイツ代表を左ウィングバックとして支えているロビン・ゴーセンス。

彼はブンデスリーガでのプレー経験が一切なく、オランダのエールディビジで育った経歴の持ち主だ。

また、父親がオランダ人のため、オランダ代表でのプレーを選択することもできた。

かつて本人も「僕はオランダとの国境まで500メートルのところで育ったし、両国の国籍を持っている。オランダとは感情的なつながりもある。(当時のオランダ代表監督)ロナルト・クーマンから連絡されたら、ノーとは言えないだろうね」と語っている。

【動画】バルサも欲しがる!?ゴーセンス、角度なしのマジカルシュート

『TuttoMercatoWeb』によれば、ゴーセンスをオランダ代表入りさせようとしていたというクーマン監督は彼をバルセロナに連れてきたがっているという。

2日前にバルサはゴーセンスの代理人に接触したとも。ただ、PSGやインテル、ユヴェントスも彼に興味を示しているそう。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら