13日に行われた明治安田生命J2リーグ第18節で、栃木SCの元日本代表FW矢野貴章が今季4点目となるゴールを決めた。

この日対戦したのは、霜田正浩監督が就任したばかりの大宮アルディージャ。

試合は開始早々の5分に大宮がイバのゴールで先制するが、40分、栃木が得意のセットプレーから追いつく。

競り合いのこぼれ球から三國ケネディエブスが見事なボレーを放つも、大宮GK上田智輝が反応。クロスバーに当たり防がれたかに思われたが、矢野がGKよりも一瞬早くスライディングでゴールに流し込んだ。

よく見ると、矢野は三國がシュートを打った瞬間、誰よりも早くゴール方向へ走り出している。まるで予知能力!

ボールがこぼれて来る可能性にかけて走り込んだ37歳の“嗅覚”に、解説の播戸竜二さんも興奮した様子で「ちっちゃい子供たちにマネしてほしい」と語っていた。

【関連記事】全力で選ぶ!2021年、最高にかっこいい「J2のユニフォーム」10選

矢野はこの日もハードワークが身上の栃木SCをけん引する圧巻のパフォーマンスを見せ、アウェイでの勝点1獲得に貢献している。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら