今年1月にリヴァプールからサウサンプトンにローンされた南野拓実。

『Hampshire Live』によれば、サウサンプトンのラルフ・ハーゼンフットル監督は南野の再獲得についてリヴァプールと協議したことを認めたという。

ラルフ・ハーゼンフットル(サウサンプトン監督)

「望むようなプレータイムを得られないこと、練習だけしてスタメンに入れないことが、いいことははずがない。

選手はビッグクラブに行きたがる。大金を稼げるし、トップ6の一員になることで大きな賞賛も得られるからね。

だが、それに満足できるのはほんの一瞬だ。あまりプレーできず、クラブにとって重要でないなら、あっという間に最悪の気分になるからね。

彼にとって最も大事なのはプレーするチャンスを得ることだ。

彼らと話し合ったが、彼らは彼に起きることに確証は持っていない。リヴァプールは今移籍市場で何かを起こすかもしれないからね。

彼にって大事だったのはここでプレーすることだった。我々はプレーするチャンスを与えたし、彼がいてくれたことをエンジョイした」

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は南野を長期的なプランに入れていると述べてきた。ただ、リヴァプールのオーナーであるFSGはその意思に反して、南野を売却することに前向きだとも。

【動画】リヴァプールで再会!?南野拓実とマネ先輩のほっこりシーン

セインツは南野の再獲得に本腰を入れているようだが、リヴァプールの移籍市場次第な部分もあるようだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら