弱冠16歳でデビューするとミランで251試合に出場してきたGKジャンルイージ・ドンナルンマ。

22歳になった彼の契約は今季限りとなっており、退団が濃厚となっている。

『Corriere dello Sport』によれば、代理人ミーノ・ライオラはユヴェントスに逆オファーを送っており、ドンナルンマ本人も年俸600万ユーロ(8億円)の提示を受け入れる準備があるという。

だが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督がユーヴェに復帰したことで、GKヴォイツェフ・シュチェスニは残留する見込みとなったとか。

また、移籍先候補のひとつとされるバルセロナは大きな財政問題を抱えている。そのため、ドンナルンマは宙ぶらりんの状態に置かれるリスクがあるとのこと。

(以下動画27秒~)

【動画】ドンナルンマも見た!本田圭佑、ミラン時代のスーパーFK

海外のファンたちも「彼の去就はビッグクラブが保有しているGKを売るかどうか次第」などと反応。2017年にも勃発したドンナルンマの退団騒動。今回はどんな決着になるのだろうか。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら