トーマス・トゥヘル監督のもとで守備を鉄壁化し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたチェルシー。ただ、得点力不足が響き、プレミアリーグでは4位に留まった。

そうしたなか、『Guardian』が、プレミア制覇を狙うトゥヘル監督はロメル・ルカクの獲得を計画していると伝えた。

もともと彼は若くしてチェルシーに引き抜かれた選手だが、ブルーズでは15試合で0ゴールに終わっている。だが、インテル移籍後は95試合で64ゴールを叩き出すなどセリエA優勝に大貢献している。

【動画】怪物ルカク、モフモフ時代の鬼フィジカルゴールシーン

すでにロマン・アブラモヴィッチオーナーと会ったトゥヘル監督は今夏に3人ほどの補強を狙っており、攻撃のオプションを増やそうとしている。そのなかでターゲットになっているのがルカクだという。

チェルシーはオリヴィエ・ジルーが契約満了で退団する見込みのほか、タミー・エイブラハムは売却して現金化する可能性があるとのこと。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら