マンチェスター・シティを撃破してUEFAチャンピオンズリーグ優勝を決めたチェルシー。

決勝トーナメントではアトレティコ・マドリー、ポルト、レアル・マドリーを撃破してファイナルまで駆け上がった。

最もスコアが接近していたのは、ポルトとの対戦(2戦合計2-1)。そのポルトが奪った唯一の得点はイラン代表FWメフディ・タレミが決めたスーパーなバイシクルシュートだった。

『O Jogo』によれば、タレミは『Mehr News Agency』に対してこんな話をしていたそう。

メフディ・タレミ(ポルトFW)

「チェルシーはCL決勝にふさわしくなかった。

我々がもっと賢かったら、こちらが勝っていたはずだ。

シティ戦のほうがはるかに難しかった」

ポルトはCLグループステージでシティと対戦し、1分1敗と負け越し。タレミはチェルシーよりもシティのほうが強かったと口にしていたとか。

また、彼は「もし何事もなければ、シティがCLで優勝するだろう」とも述べていたが、その予想は外れている。

【動画】遺恨勃発?チェルシー対ポルト戦後の接触シーン

ポルトとチェルシーとの対戦をめぐっては、元Jリーガーでもあるパウロ・フットレ氏が「チェルシーの選手たちは対戦相手がポルトと聞いてお祝いをしていた」と発言。これを聞いたポルトDFペペが不満を漏らすなど因縁ができている。

一方、チェルシーDFエメルソンは「アトレティコともレアルとも対戦したが、ポルトが最も手強かった」と認めていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら