今シーズン限りでバイエルン・ミュンヘンとの契約が満了になるオーストリア代表DFダヴィド・アラバ。

すでにクラブからも今夏の退団が明言されており、本人からも「成長のために新しいチャレンジをしたい」と発表されている。

そして今回『Besoccer』が報告したところによれば、移籍マーケットの専門家であるファブリツィオ・ロマーノ氏が「アラバはすでにプレ契約にサインしている」とレポートしたとのこと。

もちろん6月30日まではバイエルン・ミュンヘンとの契約が残っていることから、それが終了すると同時にレアル・マドリーへの加入が発表されるという。

なお、給与についてはおそらく年間1200万ユーロ(およそ15.9億円)になると考えられており、アラバにとっては大幅な昇給になるそう。

【写真】レアル・マドリー、「史上最高のGK」ベスト9

契約満了が間近になっているセルヒオ・ラモスが退団したとしても、レアル・マドリーはダヴィド・アラバ、エデル・ミリタォン、ラファエル・ヴァラン、ナチョの4枚を最終ラインに備えることが可能になるとのこと。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら