バイエルン・ミュンヘンのブンデスリーガ9連覇に貢献したトーマス・ミュラー。

彼は2018年のワールドカップ終了後にヨアヒム・レーフ監督から構想外を言い渡された。だが、31歳にして代表復帰を果たすようだ。

『Bild』によれば、レーフ監督はEURO2020の代表メンバー発表を前にミュラーに電話をかけたという。

EUROは6月11日に開幕を迎えるが、ドイツは今月19日に代表メンバー26人を発表する予定。レーフ監督はミュラーを代表に復帰させることを決めており、すでに電話で連絡したようだ。

【動画】背番号は13!職人ミュラー、代表戦での狡猾ゴール

今季のミュラーは44試合で15ゴール22アシストをマーク。相棒ロベルト・レヴァンドフスキとのコンビはほぼ無双状態でもあった。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら