佳境を迎えている2020-21シーズンの欧州主要リーグ。

ウェイン・ルーニーが監督として率いているダービー・カウンティは3部降格の可能性がある。残り1節時点で残留圏ギリギリの21位につけているが、最終節の結果次第では降格しうるのだ。

ただ、本人は会見でリラックスしていると語っていた。

ウェイン・ルーニー(ダービー監督)

「モスクワでのCL決勝の際、ベッドに横になって『天使にラブ・ソングを…』を見たことを明かしたよね。

今回も同じようなことをするかもね、ベッドに横になって。

『天使にラブ・ソングを…』をもう一度見ることはないけど、違う映画を見るかもね」

2008年にモスクワで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝。当時ルーニーのいたマンチェスター・ユナイテッドはチェルシーをPK戦の末に下してビッグイヤーを獲得している。

その際、ルーニーは名作映画『天使にラブ・ソングを…』を見てリラックスしていたそう。今回も同じように何か映画でも見るかもと語っていたのだ。

 

【動画】ルーニーが優しくアシスト!香川、ユナイテッドでの伝説ハットトリックシーン

なお、ダービーが最終節で激突するのは23位と降格圏に沈むシェフィールド・ウェンズデイ。残留と降格を分けうる決戦となるだけに激闘になりそうだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら