チェルシーに屈してUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を逃したレアル・マドリー。

2-0で敗れた2ndレグで引導を渡す2点目のゴールを決めたのは、22歳のMFメイソン・マウントだ。

試合後、敗退が決まったレアルMFルカ・モドリッチはマウントと抱き合うと何か言葉をかけていた。

『BT Sport』の映像で2人のやり取りが判明。モドリッチは「メイソン、決勝での幸運を願っているよ」と言葉をかけると、マウントも「ありがとう、ありがとう」と答えていたのだ。

【動画】いいひと!モドリッチ、13歳年下マウントとのハグ会話シーン

先日のエル・クラシコでは勝利後にバルセロナDFジェラール・ピケをおちょくるような発言をしていたモドリッチ。今回は13歳年下の若手に「グッドラック」とエールを送っていたようだ。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名