リヴァプールが保有するウェールズ代表MFハリー・ウィルソン。弱冠16歳で代表デビューした彼は今年で24歳になった。

今季は英2部カーディフに貸し出されているのだが、第45節バーミンガム戦での衝撃的なハットトリックが話題になっている。

まずは前半9分、ゴール前でパスカットするとGKが飛び出していたゴールに鮮やかなロングループを沈める。前半40分にゴール正面からの低い軌道のフリーキックを突き刺すと、後半41分にはファーにギュンと巻いたフリーキックを叩き込んでみせた。

左足で決めた3つのゴールは全部がスーパー!

【写真】リヴァプール移籍を本当に後悔している5人のスター」

今季のウィルソンは2部で7ゴール12アシストをマーク。リヴァプールとの契約は2023年まであるが、本人は来季の復帰を狙っているようだ。『BBC』によれば、試合後にこんな発言をしていたそう。

ハリー・ウィルソン

「(リヴァプールの)スカッドに入るには十分だと感じている。

自分はあそこに行って、違うものを与えられると思う。

僕は8歳から所属しているリヴァプールの(トップ)チームに割って入ることを常に目標にしてきた。

でも、リヴァプールのクオリティはご存知通りさ。有名なあの3トップ。

僕は常に自分の能力には自信を持っている。

とはいえ、(リヴァプールでどうなるかは)自分にはどうにもできない。決断するのは監督さ。

(来季)リヴァプールでできないなら、移籍を決意している。自分はできる限り最高のレベルでプレーすべきだと感じている」

来季チャンスが貰えないなら、完全移籍するということだろうか…。

また、カーディフのミック・マッカーシー監督もリヴァプールでもやれると太鼓判を押しているそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら