ピクシー(妖精)との愛称で呼ばれ、サッカー界で愛されたドラガン・ストイコヴィッチ。

タレント軍団だった当時のユーゴスラビアでも圧倒的なテクニックを誇った彼は名古屋グランパスでもプレーし、Jリーグで数々の伝説的なパフォーマンスを披露した。

そのひとつが1994年のジェフ戦でやった伝説のリフティングドリブルだ。

ピッチがずぶ濡れだったことで、ピクシーはボールをリフティングしながらドリブルする仰天のプレーを選択。ボールを浮かせながら全力疾走するプレーはいま見ても衝撃的だ。

何度見てもこのプレーはすごい!

【写真】2021年Jリーグ、「最強」の新外国人は誰だ!ブラジル人記者に教えてもらった

Instagramのフォロワー数3662万を誇る『433』でも「Jリーグのアート」とこのプレーをあらためて紹介。

「ずぶ濡れのピッチでピクシーは唯一機能するであろう方法で名古屋グランパスのカウンターを牽引。ボールをリフティングしながら、ジェフのDFたちを全力疾走で(置き去りに)」とのコメント付きの映像は投稿から5時間で100万回以上の再生を記録している。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら