新型コロナウイルスの世界的流行によって、1年延期されたコパ・アメリカ。

アルゼンチンとコロンビアの共催で行われる今大会は招待国なしで南米10か国のみが参加する。

そのコパを開催するCONMEBOL(南米サッカー連盟)には、中国シノバック社製のワクチン5万本が寄付された。

『Internatnal Business Times』によれば、リオネル・メッシも代表のチームメイトたちとともに同社のワクチンを接種する予定だという。大会前に選手だけでなく、代表のスタッフ陣も全員接種を受ける必要があるとのこと。

【動画】CONMEBOL会長、大喜び!メッシも接種しそうな中国ワクチン

ただ、アルゼンチンではこのワクチンの使用がまだ承認されていないそう。

2度の接種には1カ月ほどの期間がいるため、1度目の接種は今すぐに行う必要があるというが…。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら