セリエAをこれまで9連覇してきたユヴェントスであるが、今季はなかなか調子が上がらずチャンピオンズリーグ出場権獲得も危うい状態となっている。

そのため先日の報道によれば「コッパ・イタリアを優勝したとしてもアンドレア・ピルロ監督を解任する」と伝えられている。

『Tuttosport』によれば、その候補はやはりかつて指揮を執っていたマッシミリアーノ・アッレグリ氏。

しかしそれは有力であるもののまだ決定してはおらず、それ以外の候補についても考慮されているとのこと。

他にもレアル・マドリーを解任された場合にはジネディーヌ・ジダン氏がフリーになるため、そこにアプローチする構えであるそう。

【写真】「タダ獲りの達人」ユヴェントス、フリーで契約したベスト11

またナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏は今季限りで退任する可能性が高くなっており、彼がユヴェントスの「第3候補」であるそうだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら