昨季途中にアーセナルから解任され、現在はビジャレアルの監督を務めているウナイ・エメリ氏。

29日と来月7日に行われるヨーロッパリーグ準決勝では古巣であるアーセナルと対戦することになり、彼にとってはリベンジマッチとなる。

『Metro』によれば、エメリ監督は試合前日の記者会見でアーセナルについて以下のように話したという。

ウナイ・エメリ

「アーセナルは克服しなければならないいくつかのプロセスがある。

私はアーセン・ヴェンゲルの後に働かなければならなかった。我々はヨーロッパリーグでチェルシーに敗れ、次の年もいいスタートができなかった。

アルテタはアーセナルの改善を構築しなければならない状況にあると思う。

そのプロセスは、ゲームプランを遂行するために時間を必要とするというものだ。我々は忍耐を保つ必要がある。アーセナルは我慢が必要であり、アルテタを信頼しなければならない。

忍耐には時間がかかるものだ。アルテタと一緒にアーセナルはそれを成し遂げられるだろうと思っている。

誰もがアーセナルは素晴らしいクラブだと知っている。そしてミケル・アルテタらスタッフとはまるで完璧な結婚のようだ。

アルテタは素晴らしいマネージャーであり、彼らのプレースタイル、彼らのゲームプランに明確な哲学があることもわかる。

アーセナルは多くの経験を持つ選手がいるが、それと同時にいつも若い選手を育て上げてきたクラブだ。

今も数名の若い選手にチャンスを与えている。彼らは素晴らしいクオリティを見せているよ」

【写真】アーセナル「2010年代、最悪のイレブン」+サブ6人

解任されたにもかかわらず、彼の後釜となったミケル・アルテタを非常に高く評価しているウナイ・エメリ監督。そして、アーセナルにはとにかく忍耐が必要なんだと考えているようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら