今季ユヴェントスの監督に就任したアンドレア・ピルロ氏が、この夏に解任される可能性が高まったようだ。

『SportMediaset』によれば、ユヴェントスはすでに「チャンピオンズリーグ出場権を確保できても監督を交代する」と決断を下しているとのこと。

またユヴェントスはまだコッパ・イタリア優勝の可能性もあるものの、もしそうなったとしても方針に変化はないそうだ。

そして、その後任としてはマッシミリアーノ・アッレグリ氏を2年ぶりに復帰させるという方針であるという。

ただ、そのためにはチームにいろいろな変化をもたらさなければならないようだ。

『Gazzetta dello Sport』によれば、アッレグリ氏は若い選手を中心にチームを構築するのではないかとのこと。また信頼しているキエッリーニの引き止めも行う可能性があるとか。

ロドリゴ・ベンタンクリールやアルトゥール、パウロ・ディバラらは高く評価されており、彼らが重用されると予想されている。

【写真】「禁断の移籍」を許して後悔した9つのケース

一方でアーロン・ラムジーやアドリアン・ラビオ、クリスティアーノ・ロナウドはチームを離れるかもしれないとのことだが…。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら