火曜日、バイエルン・ミュンヘンは「来季からユリアン・ナーゲルスマンが監督に就任する」と公式発表した。

これまでホッフェンハイム、RBライプツィヒの指揮官を務めてきた若き監督は、33歳という年齢で世界最高峰のチームを率いることになった。

この監督引き抜きにはなんと世界記録となる2500万ユーロ(およそ32.7億円)が動いたとされている。

そして『Mirror』によれば、これまでの監督引き抜きによる移籍金ランキングはこのようになっているそう。

  1. ユリアン・ナーゲルスマン(RBライプツィヒ▶バイエルン・ミュンヘン):2170万ポンド
  2. アンドレ・ヴィラス=ボアス(ポルト▶チェルシー):1300万ポンド(およそ19.6億円)
  3. ブレンダン・ロジャーズ(セルティック▶レスター):910万ポンド(およそ13.7億円)
  4. ルーベン・アモリン(ブラガ▶スポルティング):860万ポンド(およそ12.9億円)
  5. ジョゼ・モウリーニョ(インテル▶レアル・マドリー):700万ポンド(およそ10.5億円)

選手と比べると契約期間途中での移籍が少なく、その違約金の額も低くなっている。その中での33億円というナーゲルスマンへの支払額がどれだけ異例のものだったかがわかる。

【写真】1位のダントツさが…プレミアリーグ「歴代監督勝率ランキング」をみる

このTOP5ではアンドレ・ヴィラス=ボアス以外全員が成功を収めていることを考えれば、ナーゲルスマンの指揮にも期待できそうだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】