UEFAチャンピオンズリーグでは敗退し、セリエA10連覇も絶望となったユヴェントス。

アンドレア・ピルロ監督に対する風当たりも強くなっている。

そうしたなか、17歳になる彼の息子ニコロー・ピルロがSNS上に長文のメッセージを綴った。

ニコロー・ピルロ

「誰にでも自分の言いたいことを言える権利がある。

自分も真っ先にそうするし、誰かから言論の自由を奪うことは決してしたくない。

両親は僕に自分の意見を持つこと、何よりも他人の声に耳を傾けるように教えてくれた。

でも、それには限界がある。しばらく前からすでに限界を超えている。

僕は17歳だ。毎日そういうメッセージが送られてくる。僕が何かをしたからではなく、監督の息子だからということだけで。

それは僕の“せい”であり、それが毎日のように死を願うメッセージや様々な侮辱を送られる理由だ。

お願いしたい。一瞬でも僕の立場になって、どう感じるかを自問自答して」

ピルロの息子というだけで、「父親と一緒に死ね」などの殺害予告を受ける日々だという。

【動画】交代にイラッ…ロナウド、ピルロ監督への不機嫌シーン

なお、現地ではマッシミリアーノ・アッレグリ監督がユーヴェ復帰に合意したとも伝えられている。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら