今年1月、アーセナルとの契約を解除してフェネルバフチェにフリー移籍したメスト・エジル。

アーセナルは巨額だった彼の給与支払いから解放されたとされていたが、実はそうではないようだ。

『The Athletic』によれば、アーセナルは今でもエジルの週給35万ポンド(5260万円)のうち9割を支払い続けているという。

つまり、毎週4734万円ほどを支払っているようだ。ただ、この支払いが続くのは今年6月末までだそう(エジルとアーセナルとの契約は2021年6月末までだった)。

エジルはフェネルバフチェと2024年までの契約を結んでおり、来季以降は大幅な減給になるようだ。

【動画】これはおかしい…エジル、レアル時代の伝説変態パス

なお、トルコに移籍したエジルだが、怪我などもあり、ここまでは出場7試合で無得点に留まっている。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】